オリジナル
Tシャツ
作成

発注する前に決めておくこと

様々な場面で使えて便利なTシャツをオリジナルで作ろうと思った時に、
デザインしたい内容が既に決まっているのであれば、業者に発注をかければ
比較的すぐに製作が可能です。

しかし慣れていないと、何から決めれば良いのかわからないことが多かったり
どのくらいの費用がかかるのかなど、考えるだけでも時間がかかってしまいます。

色数と価格

まず、オリジナルTシャツを発注する前には、明確にしておかないといけないことがあります。

オリジナルTシャツの料金は、Tシャツ オリジナルの代金、版代、プリント代を合わせた金額になります。
プリントの色は、何色使うかによって値段が異なります。
使う色の数が多ければ値段は上がります。 両面プリントのオリジナルTシャツをつくる。

また、注文する枚数が多い程、1枚当たりの単価は安くなります。Tシャツのサイズによっても値段は異なります。
子供のサイズだと安く、大人サイズだと高くなります。
版は、プリントする際に必要なデザインの型で、1カ所のプリントにつき1種類の色で1つの版になります。
Tシャツの前に3色でプリントするなら版は3枚、Tシャツの前後に1色でプリントするなら版は2枚になります。

それらを踏まえた上で、オリジナルTシャツを作ってみたいという場面は少なくないもので、予算がいくらかかるかを検討すると良いでしょう。
最初から予算が決まっているのであれば、注文の枚数を削ることは出来ないでしょうから、
その範囲内に収まるようにプリントの色を減らすかプリントする箇所を減らすと良いでしょう。

お揃いのオリジナルのTシャツを着ていると、 今まで以上に仲間意識は芽生え易くなります

希望枚数また注文枚数によって1枚の価格を下げる事ができます。
ある程度まとまった枚数をご希望の方は、一定枚数を超えると安くすることができるので
枚数ごとの御見積を御願いしてもいいかもしれません。
また極端に枚数が必要でない場合は、市販のTシャツを購入して
自分で専用絵の具で描くのも一つの手ですね。

楽しみ方は色々とありますので、自分に合った方法から試してみても良いでしょう。

designed byオリジナルTシャツ