オリジナル
Tシャツ
作成

転写プリントの特徴と仕上がり

banner

オリジナルTシャツを転写プリントで作る場合、他のプリント方法と異なり、版を作らないでも出来るので、
少量の注文の場合でも安くオリジナルTシャツを作ることが出来るのが利点です。

業者に転写プリントを頼む場合は、アイロンプリントと同じような工程で行いますが
業務用のシートを用いて行いますので、自作で行うよりは剥がれにくさはあります。

転写プリントの特徴は、デザインの周りに余白を残してシートを切り、そこに熱を与えるため
仕上がったデザインの外側数ミリに透明の糊の跡がつきます。

洗濯することにより色落ちはほとんど心配がありませんが、長く使い込むと
デザインにひび割れが生じたり剥がれが生じることがあります。

デザインの周りに糊の縁が残らないタイプのものもあります。
このタイプは、細かいデザインでも高度なカッティング技術を用いて
切り抜いた上でプリントを行います。

この方法で作ったオリジナルTシャツは、生地になじんで手触りも柔らかい感じに仕上がります。

またオリジナルのTシャツは自分で制作することもできます。
市販で売っているシルクスクリーンの機械があります。

型紙を作ってしまえば、1枚1枚違う色でプリントすることも可能です。
デザインデータからだけでなく、手描きのイラストからも制作することができるので
興味のある方は一度購入を考えてみてはいかがでしょうか?

少量からでもオリジナルTシャツが制作できると嬉しいものです。

 

designed byオリジナルTシャツ